案ずるより産むが易し

いろいろ雑多に書いています。披露宴/旅行/留学の話題多め。ときどきイラスト。

ストレングスファインダーやってみた

前々から気になってて、積ん読になってたストレングスファインダーをついに読み始めて、診断も受けてみました。

自分の強みを知りたい場合は、とりあえず第1〜3章まで読んで、診断を受けるといいよとなっています。

最近ガチで転職したいと思っているので、自分に何が向いているのか知りたいなというのもありつつ。

でも本を読んでいて、強みっていうのはある職業や分野についての向き不向きを測定するものではなくて、生かし方によってかなりの汎用性のあるものだっていうことがわかり、それはそれで示唆に富む発見でした。

今の職業にどのように生かせるか?また、自分の今までの成功はどういう強み(や才能)を生かした結果得られたものだったのか?という問いかけが非常に建設的な本書の生かし方なのではないかと思います。

 

 

ストレングスファインダーでは、才能とは単なる思考・感情・行動のパターンであり、誰にでもあるものであって、誰かに誇るような特別なものではないというふうに定義されています。それを磨くことによって強みとなり、強みを生かすことで自分ならではの成功を得ることができるという。

なので同じ才能を持っていても、異なる知識や技術を用いて、全く別のフィールドで成功するということもあるわけです。全ては生かし方次第。

 

180の質問があり、それぞれに20秒以内で答えていきます。

2つの考え方が示されて、それぞれどちらの考え方に近いか、またはどちらでもないかというのを答えていく方式。全部やると30分くらいかかるので、ある程度まとまった時間があるときに取り掛かるといいと思います。

私の場合、以下の資質が示されました。

f:id:sacra_co:20161114235545p:plain

どれもなるほど〜〜って感じです。

個別の説明もあって、内省の項目とかはこんな感じです。

内省

あなたは考えることが好きです。あなたは頭脳活動を好みます。あなたは脳を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。あなたが頭を働かせている方向は、例えば問題を解こうとしているのかもしれないし、アイデアを考え出そうとしているのかもしれないし、あるいはほかの人の感情を理解しようとしているのかもしれません。何に集中しているかは、あなたのほかの強みによるでしょう。一方では、頭を働かせている方向は一点に定まっていない可能性もあります。「内省」の資質は、あなたが何を考えているかというところまで影響するわけではありません。単に、あなたは考えることが好きだということを意味しているだけです。あなたは独りの時間を楽しむ類の人です。なぜなら、独りでいる時間は、黙想し内省するための時間だからです。あなたは内省的です。ある意味で、あなたは自分自身の最良の伴侶です。あなたは自分自身にいろいろな質問を投げ掛け、自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討します。この内省作業により、あなたは実際に行っていることと頭の中で考えて検討したことと比べた時、若干不満を覚えるかもしれません。あるいはこの内省作業は、その日の出来事や、予定している人との会話などといったような、より現実的な事柄に向かうかもしれません。それがどの方向にあなたを導くにしても、この頭の中でのやりとりはあなたの人生で変わらぬもののひとつです。

私ってごちゃごちゃ色々考えるのが好きなんですよね。でもおそらく、色々考えるのは苦手じゃ〜〜っていう人もいるんだろうから、そういう人からしたら私は考え抜ける才能を持っているってことなんでしょうね。

こうした才能をどのように磨いて強みにしていくか。仕事に生かしていくか。

ごちゃごちゃ考えつつ、見つけていきたいですね〜

広告を非表示にする